富山「北日本新聞納涼花火大会2017」を100倍楽しむ攻略法

Pocket

みなさん、こんにちは!
夏に向けて準備は進んでいますか?
海やBBQ、旅行に趣味、アルバイトなど。女の子だと水着や浴衣なんかも買って、今からワクワクするのもいいですよね!
夏の休暇をうまく使って、有意義な夏にしませんか!?

今回は、夏の風物詩である花火大会を一つ紹介したいと思います!
その花火大会とは、「北日本新聞納涼花火 富山会場」です!
こちらの花火大会は、富山県で最大規模かつ大人気の花火大会として知られています!

ということで、今回は、

  • どんな花火大会?
  • どこであるの?
  • いつあるの?
  • 注目ポイントは?

などについて調べてみました!

スポンサーリンク

どんな花火大会?

「北日本新聞納涼花火 富山会場」は、今年で第71回を迎えます。
1945年8月の富山大空襲の犠牲者の鎮魂と戦後復興の願いを込めて、1947年から毎年8月1日に開催していました。

見どころは、

  • 大迫力の超特大スターマイン
  • 大玉30連発花火
  • 多彩な音楽花火
  • 特大10号「尺玉花火の競演」

と、演出盛りだくさんです!

いつあるの?

日程

2017年8月1日(火)
毎年同日
※荒天時、2日又は3日に順延ですが、小雨の場合、決行です。

時間帯

イベント

19時~19時45分

打ち上げ時間

19時45分~20時30分

どこであるの?

打ち上げ場所

神通川有沢橋下流
住所:富山県富山市布瀬町地内
※高岡会場もありますが、間違ってもそちらと間違えないで下さい!
地図を貼っとけばたぶん大丈夫でしょう!笑

MAP

アクセス

北陸自動車道富山ICから国道41号⇒県道62号経由で2km先 約25分

市電・バス

「富山駅」より「安野屋駅」下車で10分+徒歩10分
※市電は帰りめちゃくちゃ混みます!本数は多いですが、時間帯をずらすのが吉です!

徒歩

「富山駅」から25分

駐車場

会場周辺に駐車場はありませんので、有料駐車場をご利用下さい!
※18時30分~21時まで交通規制をするのでご注意下さい!

お問い合わせ

北日本新聞社営業局
電話番号:076-445-3326(平日9時~17時)
HP:http://webun.jp/pub/ad/2016/hanabitoyama/
※HPは、昨年の花火大会のままとなっています。

スポンサーリンク

注目ポイントは?

打ち上げ数

約3,000発

有料席

有料席は2種類あります。

  • 特別観覧席
  • 椅子席

特別観覧席

ガーデンテーブル
限定60席
弁当・手土産・ドリンク付きで15,000円

椅子席

パイプ自由席
限定500席
手土産・ドリンク付きで2,500円

私は有料席については、一回は見ておいてもよいかなと思います。
有料席の良いところは、席が確保されているので、時間に余裕が生まれます。
なんなら、打ち上げ時間の直前に行っても座れますからね!

お金に余裕があったり、足腰が悪い方などは有料席をオススメです!
購入方法はコンビニ、北日本新聞社やHPでも可能です。

☆ベストスポット☆

しかし、このブログを見て下さっているということは、少しでも安くや、効率的に見て回りたいと考えていらっしゃる方だと思います!
ならばベストスポットをお教えしましょう!とっておきの場所を!

それは、「河川敷」です!

・・・。

「ふさけんな!」と言われそうですが(汗)
あんまりないんですよ実際(笑)

しかし、やはり臨場感を味わうなら近場!、近場なら河川敷です!
光にとともにやってくる、「ドーン!!」とお腹に響く音は、近場にしかない花火の醍醐味ですよ!
屋台も近く、レジャーシートを持っていけば完璧です!

また、川が近いということで、夜は若干冷えるため、羽織るものがあればgoodです!
男子が女子に上着をかけてあげれば、イチコロのコロスケです!笑

それでも納得しない方は、「呉羽山」をおすすめします!
少しだけ会場から離れた山ですが、そこまで高くありません。
車で数分で登れ、富山市街を見渡せるデートスポットにピッタリの場所です!

メーセージ花火って何?

メッセージ花火とは、最近流行りの花火と同時にアナウンスでメッセージが流れ、あなたのためだけに打ち上げられる花火です。
思い出には持って来いの花火です。

いつもお世話になっている人やなかなかお礼を言えない人に、この機会に是非プレゼントしてみてはいかがでしょうか?!
プレゼントされた方はきっと一生忘れられない贈り物になりますよ!
詳細は上のHPをご確認下さい。

まとめ

ということで、今回は「北日本新聞納涼花火 富山会場」について調べてみました!
いかがだったでしょうか?

富山県の花火大会といえば、こちらを見ておけば間違いはありません!
見る場所の大半が河川敷ということで、やはりレジャーシートがあると助かりますね!
あとは、例年屋台と帰り道が混み合うので、それさえ気をつけてもらえばokです!

最後まで閲覧どうもありがとうございました!
他の記事もどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です