タペストリー(コーチ)のデザインや商品は?社名変更による売上や顧客層は?

Pocket

高級ブランドでおなじみ「COACH(コーチ)」から「tapestry(タペストリー)」に社名を10月31日付けで変更することを発表しました!

コーチの鞄や財布、キーケースなどブランド品を持っている方は多いと思うのですが、なんとなくブランド名が変わると「前の社名で古い・・・」と思ってしまう方もおられるのではないでしょうか?

また、会社名が変更したことにより、デザインや商品が変わって来るのか?、社名変更によって売上や顧客層を増やす目的であるならばその取組や効果が気になりましたので、調べてみました!

スポンサーリンク

タペストリーのデザインや商品は?

社名が「コーチ」から「タペストリー」に変更したことで、デザインや商品にどのような影響がでるのでしょうか?

コーチは近年、高級婦人靴メーカーの「スチュアート・ワイツマン」や服飾ブランドの「ケイト・スペード」を買収しているが、当分「コーチ」や「ケイト・スペード」のブランドを残す方向のようです。

コーチと言えば、あのマークというようにブランド好きの人の頭には、そのブランドの名前のロゴが浮かんでくるほど、「ブランド=デザイン」が強いですよね。

しかし、社名を変更した理由として、顧客層を拡大したいと考えていることから、他のブランドを出し抜くくらいのデザインのロゴや商品が登場するのではないかと考えてます。

コーチと言えば、他のブランドに対し、単色系のデザインで他のブランドよりもあまり派手ではなく、どちらかというと老若男女に受け入れられそうなモデルだと思っています。

そのため、若者向けのカラフルな斬新なデザインや、他のブランドにはないデザインの商品が登場してくるかもしれませんね!

コーチやブランド好きにはとても楽しみな情報だと思いました!

コーチからの社名変更による売上や顧客層は?

問題は、コーチにからタペストリーに社名を変更したことで、売上や顧客層が増えるのかはまだ疑問ですが、タペストリーの会社側はすでに施策を用意しているのではないでしょうか?

正直、名前を変更しただけでは、買収など少し業績が心配になってくるため、それだけでは世間的にはどうしてもマイナスのイメージが出てきてしまします。

そのマイナスのイメージを払拭し、以前までのコーチのブランドに対するイメージやデザインを一新するような、新しいデザインや商品が生まれるのではないでしょうか?

そうすれば、すくなくとも話題にはなりますし、流行者には人々は手を出しやすい傾向があるので、有名人などが気に入って宣伝効果などもあれば一気に売れそうな気もします。

現段階では、売上や顧客層についてどう転ぶか分かりませんが、停滞ではなくプラスかマイナスに大きく別れるのではないでしょうか?

タペストリーについてのまとめ

今回はコーチからタペストリーに社名が変更したことついて調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

買収や合併などから会社名が変更しましたが、今のところコーチのデザインや商品はそのまま引き継ぐように思われます。

ただ、目的が顧客層の拡大のため、何かしらの施策は考えていると思うので、タペストリーの今後の商品を楽しみにしたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

どうぞ他の記事も御覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です