佐藤亜海(プロレスラー)の経歴やwikiプロフを調査!二刀流とは?

Pocket

今、新人の女子プロレスラーである佐藤亜海選手が話題になっています!

その理由が、現役プロレスラーでありながら作業療法士を目指しているという「二刀流」ということです!

「プロレスラー」と「作業療法士」って全然畑違いですし、どのような経緯でなったのか、また目指したのかが気になりました!

ということで今回は、佐藤亜海選手の

  • 二刀流とは?
  • 経歴は?
  • wikiプロフィールは?

などについて調べてみました!

スポンサーリンク

佐藤亜海選手のwikiプロフィールは?

佐藤亜海選手は、新人プロレスラーということでまだ大会などで実績を上げていないのでWikipediaに載っていませんでしたが、プロフィールを調べてみました!

  • 名前:佐藤 亜海(さとう あみ)
  • 生年月日:1998年5月4日
  • 年齢:19歳
  • 出身地:宮城県気仙沼市
  • 身長:160cm
  • 体重:62kg

佐藤亜海選手の二刀流とは?

佐藤亜海選手の二刀流ということで、プロレスラーと作業療法士の両方について気になりました!

まず、佐藤亜海選手は今年2017年9月24日に仙台サンプラザホールにて、デビューしたばっかりの女子プロレスラーになります!

今年の春から「仙女」に正式に入門したとのことで、まだ10代であるのでこれからの伸びしろに期待されるプロレスラーです!

そして作業療法士ですが、現在医療系の専門学校に通っており、国家資格をとるために勉強に励んでいるそうです!

プロレスラーと専門学校の両立はかなり大変そうですし、おまけに国家資格となると、かなり時間に厳しいハードスケジュールなのではないでしょうか?

それにしても、なぜそこまでしてプロレスラーと作業療法士の二足のわらじを履こうとするのか、疑問に思いました!

スポンサーリンク

佐藤亜海選手の経歴は?

佐藤亜海選手の経歴について調べてみました!

佐藤亜海選手は、小学校の時から活発でサッカーが好きで、大谷中学校では男子に交ざってレギュラーだったというので驚きです!

しかもポジションは、司令塔でテクニックが求められるボランチだったので、部内でも相当上手だったのではないでしょうか?

気仙沼西高校に進学すると、女子サッカー部に入部し活躍しました!

佐藤亜海選手がプロレスラーを目指したきっかけは、2011年に東日本大震災による津波の影響で実家が流されてしまったことからでした。

当時は、「その後は何事も前向きに考えられなくなった」そうですが、

2年後にあった男子プロレスのチャリティー大会を観戦し、勇気と元気をもらったことで、人を元気にできるプロレスラーになりたいと思いました!

また、震災の時に介護福祉士の祖母が働いていた施設でボランティアとして手伝った体験より、患者の身体機能の回復を図る「作業療法士」の国家資格を撮ることを決意したそうです!

二つのきっかけとなった動機が素晴らしいのですが、どっちかを選択するのではなく、両立を目指すために努力をするというのはどっちも真剣だからですよね!?

新人女子プロレスラーということからも、環境にまだ馴染めず大変だと思いますが、今後の活躍を期待しています!!

佐藤亜海選手についてのまとめ

佐藤亜海選手は、東日本大震災の影響で絶望に経った時にプロレスのチャリティー大会や、介護福祉士のボランティア経験から影響を受けました。

19歳という若さのためまだまだ伸びしろがあるだけでなく、過去の出来事よりメンタル面が打たれ強いのかもしれないですね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

どうぞ他の記事も御覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です