長野電鉄と衝突したトラックの運転手(会社員)は誰(顔画像名前)?会社はどこ?

Pocket

長野電鉄とトラックが衝突した事故がありましたが、なぜこのような事故が起きてしまったのか、その原因についてはまだ分かっていません。

また、トラックを運転していた会社員が、どのような人物であったのか気になったので、今回調べてみました。

スポンサーリンク

衝突事故の詳細は?

事故の詳細はこちらになります。

 24日午前8時15分ごろ、長野県中野市の長野電鉄都住―桜沢間の踏切で、長野発信州中野行き普通電車(3両編成)とトラックが衝突し、一部が脱線した。中野署によると、乗客乗員約150人と、トラックを運転していた長野市の男性会社員(38)にけがはなかった。

 署と長野電鉄によると、現場は警報機や遮断機がない踏切で、電車の運転士がトラックに気付いてブレーキをかけたが、間に合わず、トラックの荷台付近にぶつかった。電車は先頭車両がトラックに乗り上げて傾き、脱線した状態で停止しており、復旧には時間がかかる見通し。

 署は男性会社員から事情を聴き、事故の原因を調べている。乗客の多くは通学中の高校生だった。

 長野電鉄は須坂―信州中野で運転を見合わせている。

運転していた会社員は誰?

現段階では衝突となった経緯はまだ分かりませんが、事故の原因と同じくらい気になるのが、トラックを運転したいた会社員です。

その会社員について調べてみましたが、年齢が38歳ということ以外は、顔画像や名前など公開されていませんでした。まだ加害者(容疑者)と完全に決まったわけではないですからね。

衝突した場所は、長野県中野市の長野電鉄都住―桜沢間の踏切ですが、朝の8時15分になぜ踏切で停止していたのか気になります。

というのも、タイヤが溝にハマったなど全く動かない状況でなければ、車のギアをニュートラルにして押し出すこともできそうですし、何より全くトラックが全く動かなければ、非常ベルを真っ先に押すべきです。

会社員の方は38歳と、高齢者のように痴呆があったわけではないですし、こんな踏切の場所で朝から心中というのも考えにくいですよね?

また会社員でかつトラックを運転していたということなので、もし自家用車ではなく社有車であるならば、農業関係の会社なのではないかと思いましたが、全く根拠はありません。

衝突原因と同時に会社員がどのような人物であるのかも警察の調べにより、間もなく分かることでしょう。

まとめ

ということで今回は、長野電鉄と衝突したトラックの運転手について調べてみました。

事故原因と同じくらい気になるのが、トラックを運転していた会社員の方ですが、年齢以外は公開されておらず人物の情報はありませんでした。

トラック運転者の証言より、早急に事故原因が明らかになることを望みます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です