松本ぼんぼん祭りの特徴や歴史は何?日時や屋台と駐車場の場所も調査

Pocket

2017年8月5日に、松本ぼんぼん2017が開催されます!

松本ぼんぼん?

何それ?笑

名前を聞いただけでは何かわかりませんね笑

松本ぼんぼんとは、「長野県松本市で開催されるお祭り」のことを言うんですね!

でもなんでそんな変な名前なの?

と気になったので、他の祭りとは異なる特徴があるに違いありません!!

ということで今回は、松本ぼんぼんの

  • 特徴は何?
  • 歴史は何?
  • 日時は?
  • 屋台は?
  • 駐車場の場所はどこ?

について調べてみました!

スポンサーリンク

松本ぼんぼんの歴史は何?

松本ぼんぼんは1975年から始まり、今年で43回目を迎える長野県松本市で開催されるお祭りです。

夏の風物詩にもなっており、「夏ぼん」との愛称で住民や観光客に親しまれ続けてきました。

松本ぼんぼんの特徴は何?

まず、挙げられるのが、規模の大きさです!

毎年参加者は2万人を越え、

見物客なんと!20数万人!!!

どれだけ規模が大きいか分かりますよね??

松本市の人口は24万人のため、祭り当日松本市の1割が踊る側などの参加者!、松本市全人口に匹敵する数
が観光客となります。

そして最大の特徴が、祭りの踊りの際に聞こえる

「松本ぼんぼん~♪」

という独特な歌と音楽に合わせた踊りです。

口で言っても中々伝わらないので、実際に踊っている動画を御覧ください!

いかがでしたでしょうか?

こちらは、2013年にに優勝されたもので、毎年チームごとに踊りが変わっており、どれがレベルが高かったなど賞が与えられます。

この祭りの日までに、「連」と呼ばれるグループの参加者達は練習を続けてきました。

松本ぼんぼんの日時は?

松本ぼんぼんは、毎年8月第1土曜日と決まっています。

今年2017年は、8月5日(土)に開催されます。

スポンサーリンク

松本ぼんぼんの屋台は?

大規模な祭りや独特な祭りだと、屋台も変わったものはないかと気になってしまいます。

メインの屋台は、松本城への大通りと縄手通りに多く並んでいます。

しかし、他の屋台もエリア内の市街地全てが歩行者天国になるので、探しやすいと思います!

おすすめの屋台は、「鶏ムスコ」です?

とりむすこ?笑

ここの唐揚げや焼き鳥は専門店レベルで、komachi屋台フェスタにも出店したことがあるほどの実力と人気のお店です。

他にも、「味楽苑」のモツ煮やすじ煮が大人気です。

ここは常に行列ができてしまうので、もし行かれるとしたら早い時間帯に購入することをオススメします。

松本ぼんぼんの駐車場の場所はどこ?

松本ぼんぼんに駐車場は用意されていません。

よく考えたら、市街地がまつり会場になるので、大規模な駐車場はないのも当然ですよね。

そのため、松本駅のアルプス口(西口)や深志エリアをおすすめします。

※また、歩行者天国の駐車場を利用すると、17時~22時まで出庫できないので気をつけて下さい!

まとめ

ということで今回は松本ぼんぼんについて紹介致しました。

大規模で独特な祭りなので、ぜひ一度は見に行ってみたいですよね。

他の祭りとは違った経験ができるかもしれませんよ★

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です