清宮幸太郎の進路発言が気になる!大学進学やプロ入りの可能性を調査

Pocket

18歳以下のワールドカップに日本代表、そして主将として活躍している注目のバッターといえば、早稲田実業の「清宮幸太郎」選手ですね!

現在3年生の清宮幸太郎選手は、西東京大会決勝戦で惜しくも敗退し、甲子園出場を逃しましたが、

すでに最多である高校通算ホームラン107本をすでに上回る、110本を打っているなど、かなり今後を期待されている選手です!

そんな清宮幸太郎選手の進路が気になるところですが、発言内容を聞く限りでは、まだ大学に行くかプロにいくか決めていないとのことです!

清宮幸太郎選手の進路先がどこか気になるってことで、そんな清宮幸太郎選手が大学進学はプロ入りするのかの両方の可能性について調べてみました!

スポンサーリンク

気になる清宮幸太郎選手の進路に対する発言は?

清宮幸太郎選手は、カナダ・サンダーベイでのU-18ワールドカップの3位決定戦に勝利し、高校生活最後の試合を終えました。

その際に、涙目ながらインタビューに答えてくれましたが、注目の進路については、

「まだ決めていない。消去法は嫌なので。やっぱり自分が何をやりたいのか、しっかり見つけて一番いい選択ができればなと思う」

家族との相談について聞かれると、

「まあ、(両親が)早稲田と慶応なので。やっぱり大学の良さは知っているじゃないですか。まあ、色々な話が……」

と少し濁したような感じもありながらも、

「やっぱり、みんな体も大きいし、球も速いしスイングも速い。こういう選手とやっていると楽しいというか、夢がある。こういう雰囲気はすごく好きなので、将来はこっちに来てやりたいなあと思いました」

と大リーグへの興味も持っているようです!

スポンサーリンク

清宮幸太郎選手の大学進学かプロ入りの可能性は?

清宮幸太郎選手のポテンシャル、そしてホームランや日本代表でのプレーの実績だけに、今後の進学先にかなり注目が集まっています!

清宮幸太郎選手が日本のプロ野球をを目指すのか、早稲田実業大学への進学は、はたまたアメリカの大学へ進学するのかがとても気になります。

もしプロ野球に進むのであれば、日本の球団はかなり競合するのは間違いないですよね!?

過去に多く競合した選手としては、6~8球団となっているため、清宮幸太郎選手も少なくとも5球団は競合がありそうな気がします!

また、大学への進学であれば、清宮幸太郎選手がいる早稲田実業とつながりある「早稲田大学」が有力ですよね?

早稲田実業の先輩では、ハンカチ王子で知られていた斎藤佑樹選手もも早稲田大学に進学していました!

そして、可能性としてありそうなのが、アメリカの大学に進学するという選択肢です!

正直、すでにアメリカでの試合経験がありますし、将来メジャーリーグを目指すのであれば、一番近い環境になり得ると思います!

個人的には、高校卒業後すぐにアメリカで野球をするというのは、現在体格がアメリカ人のように出来上がっていない感じがするので、成長というメリットよりも、馴染めないとうデメリットの方がが多い気がします

またプロ野球選手として将来活躍したいのであれば、少しでも早くプロ野球選手の環境になじんだ方がよいのではないかと感じました!

マー君こと田中将大選手はすでにメジャーデビューを果たしているので、とてもいい例ですよね!

大学の4年間は短いようで長く、プロ野球選手になる人物がその間に野球以外のこと(勉学など)をするのはもったいないなぁと思いました!

ただ、清宮幸太郎選手がどこの進路へ言ったとしても、非常に今後の活躍が楽しみですし、未來のメジャーリーグ候補なので皆で応援していきましょー!!

清宮幸太郎選手の進路についてのまとめ

今回は清宮幸太郎選手の進路発言より、プロ野球か大学に進むのかについて調べてみましたが、現在まだ明らかになっていません!

しかし、あと残り数ヶ月で進路を決めなければなりませんし、注目されている選手だけにどこの進路先でも非常に今後の活躍が楽しみですで!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!m(_ _)m

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です