iPhoneXの顔認証機能とは何?仕組みを初心者にも分かりやすく説明!

Pocket

iPhoneXが2017年11月3日に発売され、かなり注目が集まっていますが、その中でも一番気になるのは「機能面」ですよね?

今回のiPhoneXは「顔認証」機能が新しく加わり、どのような機能なのか非常に気になります!

これまでiPhoneシリーズは指紋機能が出ていましたが、セキュリティはほぼ完璧だと思われていましたが、相手の指を勝手に押し付けるなどして破られる可能性もなくはなさそうですよね??(怖い笑)

その上顔認証機能までくると、もはや本人でしかiPhoneXを開くことができなくなりそうな気がします!

ということで今回は、iPhoneXの顔認証機能について説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

iPhoneXってどんなの?スペックや見た目は?

まずは、iPhoneXの見た目が気になるということで、従来のiPhoneシリーズと比べて何が変化したのでしょうか?

iPhoneXの画像を見てみましょう!

また、iPhoneXの基本スペック情報についても調べてみました!

  • 画面サイズ:5.8インチ
  • 容量:64GB/256GB
  • カラー:シルバー、スペースグレイ
  • チップ:A11 Bionic
  • 重量:174g
  • 連続通話時間:最大21時間
  • 液晶画面:2,436✕1,125、5.8インチ
  • 解像度:458ppi
  • 高さ:143.6mm
  • 幅:70.9mm
  • 厚さ:7.7mm

iPhoneXはAppleが構想に10年もかけて作った、最大の進化を遂げた最上級モデルとして登場しました!

iPhoneXの最大の特徴は、「全てがスクリーンとなるディスプレイ」「顔認証(FaceID)」です!!

他にも、防水や防塵機能、ワイヤレス充電、高精細のRetinaHDディスプレイ、拡張現実のAR機能、パワーアップしたカメラを備えており、見た目もかなり洗練されたデザインとなっております!

スポンサーリンク

iPhoneXの顔認証機能の仕組みが気になる!

iPhoneXで一番注目されている機能、それが顔認証機能と言われる「Face ID」。

iPhoneXから登場ということで、iPhoneシリーズにとって新しい試みですし、今まで顔認証機能というのはありそうでなかった気がします!

スマホと顔認証機能だけでかなり近未來的なイメージを感じるのは私だけでしょうか?笑

前置きはこのくらいで置いておいて、顔認証機能の仕組みの説明です。

顔認証システムを実現させている機能は、画面上部(インカメラの横)に搭載してあります。

ここには、投光イルミネータ、近接センサー、環境光センサー、ドットプロジェクタなどがあります!

それぞれの機能の詳細についてを解説しだすとかなり難しいので、ここでは割愛し、ざっくりとした仕組みだけ説明させて頂きます!(汗)

これらの機能により、3万以上の目に見えないドットを投射し、ユーザの顔の形を登録しているのでした!

3万ものセンサが顔の凹凸などをチェックしているってことですよね!?驚きです!!

iPhoneXの顔認証機能は、高い安全性であるためアプリやゲームなどを購入する時のApple pay認証にも使用できるため、いちいち暗証番号を入力をしなくてもよく、忘れてダウンロードできないということもなくなりそうですよね!

ご認識の頻度ですが、指紋認証Touch IDは5万回に1回起きるかどうかに対し、顔認証Face IDは100万回に1回起きるかどうかという水準のため、指紋認証の約20倍の精度であることが分かります!

私自身、指紋認証の誤認識はしょっちゅうなっていたので、パスワードに変えていましたけど笑

スポンサーリンク

iPhoneXの顔認証機能の仕組みについてのまとめ

今回は、最近話題になっているiPhoneXの顔認証機能の仕組みについて調べてみました!

3万ものセンサで顔を認識して判断する時代になったのだと、しみじみスゴイと感じています!

指紋認証よりも精度がよく誤認識が少ないため使いやすそうですが、逆にデメリットなどはないのかも気になりました!

実際に購入したり、知り合いが購入していたらぜひ使ってみて下さい!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

どうぞ他の記事も御覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です