八景島シーパラダイスの深海生物が大量死した原因と被害額を調査!

Pocket

八景島シーパラダイスで深海生物90匹が大量死したことが話題になっていますね~!

普通のどこにでもいる魚ではなく、深海生物ってことで希少性が高かったが痛いですよね?笑

また、90匹が同時に死亡したのには、どうやら水温を調整する機械に問題が会ったそうですが、その詳細の原因が気になりました!

また、深海生物の希少価値が高いということ、八景島シーパラダイスの被害額が一体いくらになったのかも気になりました!

ということで今回は、八景島シーパラダイスの

  • 深海生物が大量死した原因は何?
  • 被害額はいくら?

について調べてみました!

スポンサーリンク

八景島シーパラダイスの深海生物が大量死した原因は何?

気になる深海生物が大量死した原因ですが、施設担当者は、

「機械が故障した原因は調査中だが、こちらにも落ち度はあったと思う。これからも真摯(しんし)に飼育を行っていきたい」

と話していました。

また、国立研究開発法人「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)の旧研究室の閉鎖に伴い、3月中旬にカサゴ目の海水魚「ヤマトコブシカジカ」や新種のイソギンチャクなど計約90匹を譲渡されました。

そして、譲渡された生物ですが、譲渡の際に交渉していた担当者が退職していたため、報告などを怠っていたそうなのです。

深海生物はかなり飼育方法が難しいらしく、今回死亡した直接的な理由は「水温の上昇」でした。

これらのことを考えると、飼育していた施設担当者の水温を設定する機械の操作ミスが原因ではないかと考えられます。

生き物であるだけに、すぐにどうにかなるものでもないですし、くどいですが希少性の高い深海生物というのも残念でしたよね。

スポンサーリンク

八景島シーパラダイスの深海生物大量死による被害額はいくら?

深海生物90匹が大量死した、その被害額もいくらになるのか気になります。

調べてみましたが、現在明らかになっておらず、被害額がどれくらいか分かりませんでした!

すみません(^_^;)

しかし、深海に住む生き物ということでなかなか取りにいけないため、捕まえに行くとすれば人件費もかなりかかりそうですよね~。

全部が全部、高額な生き物とは限りませんが、数が90匹もいますからね!笑

被害額は、深海生物を1匹あたり1万円~10万円だとすると・・・

90匹で、だいたい90万円~900万円!!

これだけのお金が一気に無くなると考えると、いかに恐ろしい出来事だったのか分かります。

被害額はあくまでも推測であるので、もしかすると絶滅危惧種に近い生物もいたりして、数千万レベルのに成るかもしれないですね!

情報が分かり次第、情報を追記したいと思います!

八景島シーパラダイスの深海生物大量死についてネットの反応は?

ネットの反応も調べてみました!

やはり、元ネタの少ない情報でも、

「飼育員の責任では?」

と勘づく人もいたのでそうなのかなと思うのと同時に、水温を調節した施設担当者が今後も責められるのかなぁと思いました!

八景島シーパラダイスの深海生物大量死についてのまとめ

今回は、八景島シーパラダイスの深海生物が大量死した事件について調べてみました!

  • 原因の詳細は不明ですが、施設担当者の水温管理が疎かだったと予想。
  • 被害額は1,000万円レベルになるかもしれない。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です