永平寺大灯籠流しを100倍楽しむための攻略法を調べてみた!

Pocket

前回は、「永平寺大灯籠流し」の内容や場所、日時などの概要について調べました!

概要については、だいたいおお分かりになったと思いますが、当日は間違いなく混雑するでしょう。
県外から来られた方は、渋滞や混雑次第では、楽しむことができない可能性もあります。

あなたにとってこの灯籠流しのイベントは一年に一回、もしかしたら一生に一回になるかもしれません。
そんな大切なイベントを少しでも有意義にするための情報をご用意いたしました!

そこで、今回は「永平寺大灯籠流しを100倍楽しむための攻略方法」について調べてみました!

ということで、永平寺大灯籠流しの

  • 混雑状況は?
  • どんなイベントがある?
  • アクセスはどうなの?
  • 駐車場はあるの?
  • ベストスポットはどこ?

などについて調べてみました!

スポンサーリンク

混雑状況ってそんなにひどいの?

ます最初に、大灯籠流しの混雑状況は、かなりの混み具合です。

大施食法要が終了し、メインの灯籠流しのため、一斉に水面へ順番に移動します。
このとき、来場者だけではなく全国から申し込みのあった灯籠も流しますので、自分が流す番までにかなりの行列ができてしまうのです。

その分、時間を費やしますので、お祭りの人混みなどが苦手な人にとっては苦痛かもしれませんね。
私も人混みが嫌いなので、あらかじめ人がいない時間を狙っていきます。

この場合、あえてすぐ川面に行かず、行列に並ばすにフリースペースで待つことをおすすめします。
なぜなら、何も見えない行列に並んでいるより、川面に流れる灯籠の美しい風景をじっくり楽しんだ方がよいからです。
そして、行列が空いてきた頃に、並んでください!

どんなイベント?

まず、永平寺灯籠流しは、昼と夜でイベントの雰囲気が全く異なります。
大きく分けて昼の部と夜の部があります。

昼の部

14時~ステージイベント、バザー

夜の部

川施食法要、大燈籠流しの部

18時~

大燈籠流し開会セレモニー、夕暮れコンサート

19時~

川施食法要(曹洞宗大本山永平寺の役寮雲水約120名による読経)

19時40分~

大灯篭流し(供養灯籠、願い灯籠の約1万基が流しだされる)

20時40分~

花火(灯籠の光の帯と、花火の光のパレード)

灯籠の受付

当日、会場の入り口で灯籠の受付をしていますが、時間帯は以下の通りです。

  • 供養灯籠(祭壇に飾る用) ⇒ 18時20分まで
  • 願い灯籠(自分で流す用) ⇒ 20時まで

スポンサーリンク

アクセスはどうなの?

駐車場はあるの?

駐車場は河川敷や志比小学校グラウンドなど、約1,200台分用意されています。
たとえ離れた場所に駐車しても、シャトルバスが運行しているため心配はありません。
詳細は以下の通りです。

河川敷駐車場

約500台駐車可能。国道416号から入る場所で、会場まで歩いてすぐです。

志比小学校

約200台駐車可能。国道416号から入る場所で、会場まで歩いてすぐです。

パークアイランド

約65台駐車可能。国道364号沿い場所、会場まで徒歩15分。

緑の村ふれあいセンター

約72台駐車可能。国道364号から入る場所、シャトルバス運行あり。

緑の村グラウンド

約400台駐車可能。国道364号から入る場所、シャトルバス運行あり。

※周辺道路は、時間帯によって混み合うため、お早めにお越しください。

えちぜん鉄道

JR福井駅からお越しの方は、勝山永平寺線で約23分かかります。
「えちぜん鉄道福井駅」 ⇒ 「永平寺口」

「永平寺口」から会場までは徒歩15分ですが、シャトルバスの運行もありますので、ご利用ください。

ベストスポットはどこ?

「ベストな場所を見つけたい!」と思っている、そこのあなた!
正直な話、簡単に教えられるベストな場所はありません。
なぜなら、その時間帯の人の混み具合や、見る人によって多少変わってくるからです!

しかし、ポイントがあります!
それはカメラマンの多い場所を探すことです。
このイベントは地元以外のほとんどの人が、大灯篭流しを目的に来ます。
曹洞宗の大本山ということで大法要がありますが、宗教とはまったく関係なく供養や願いを求めて来られる方もいれば、川一面に流れる美しい灯籠を見るために来る方など様々です。

しかし、カメラマンはベストスポットを熟知している可能性が高く、そこで多くの三脚が立ち並びます。
カメラマンが陣取るだけであって、灯籠がよく見えます。
灯籠が見たい場合は一緒に並んで見ましょう!

まとめ

ということで、今回は「永平寺大灯籠流しを100倍楽しむための攻略方法」について調べてみました!
いかがだったでしょうか?

というように、毎年、混雑されることが想定されます。
誰でもつまらないと思う時間をできるだけ少なくし、当日をよりいっそう楽しみたいですよね?

そのために、事前にこれらの情報を活用し、効率良く見て回りましょう!
あなたが行動をスムーズにリードすることができれば、一緒に来ている友達や知り合いはきっと見直すことでしょう!
彼氏彼女の場合、言わずもがなですね!

最後まで閲覧ありがとうございました!
どうぞ他の記事も御覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

時間にしばられず、楽しく自由に生きていくことがモットー。このブログを通して、有益な情報を皆様に提供し、閲覧して下さった方が少しでも為になったり、幸せな気持ちになってくれたら嬉しいです。ご意見・ご感想がありましたら、遠慮なくお聞かせ下さい。