『新潟美少女図鑑』出身モグラ女子馬場ふみかが『ファイナルファンタジー14 光のお父さん』に出演⇒馬場ふみかってどんな人?

Pocket

こんにちは、すぎばです。

今日は、モグラ女子の代表的存在、馬場ふみかさんについて

話していきたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

・馬場 ふみか(ばば ふみか)

・生年月日:1995年6月21日

・血液型:AB型

・職業:モデル、女優、グラビア

・出身:新潟県

・所属:ネイムマネジメント

・趣味:音楽鑑賞、カラオケ、ショッピング

・特技:早起き、バレエ、ジャグリング

・憧れの人物:二階堂ふみ

・身長:167cm

・スリーサイズ:B83(E)-W56-H84

活動経歴

・14歳、地元の新潟でスカウトされ、『新潟美少女図鑑』のモデルとして活動。

・2014年、高校在学中に映画『パズル』で女優デビュー。
 同年、テレビドラマ『仮面ライダードライブ』で初出演。

・2015年、『non-no』専属モデルとなる。

・2016年、モグラ女子(モデル+グラビア)の代表的な存在。

・2017年、『グラジャパ・アワード2016』受賞。

人物

・10歳、キッズ劇団『APRICOT』に所属し、15歳までレッスンを受ける。

・テレビドラマ『仮面ライダードライブ』では当初、人見知りであまり喋らなかった。
 後半では、一番喋るように変わっていった。

・末っ子気質で共演者に『甘えて引っ張られるタイプ』と言われている。

・世間からモグラ女子の代名詞とも言われているが、
 本人は動物のモグラを連想してしまうため、グラモのほうがよいと言っている。

また、

・『やってることの一つ一つが、ちゃんと評価していただいてるんだなって思って。
 (女優もモデルもグラビアも)全部つながっている感じがして、すごくうれしいです。』

・『いろんな役柄にチャレンジしてみたい。
  映画も舞台もドラマも、いろんな作品に出てみたい。』

・『凶悪な犯罪者みたいな役も興味あるし、振り切った冷たい人の役とか
  幅広く演じられることができるようになりたい。』

と意欲的に話している。

今後の目標については、
『とにかくお芝居をたくさんしたいですね。今やっていることが、
 すべてそこにつながっていくといいなと思います。』
と力強く語っている。

スポンサーリンク

『ファイナルファンタジーFF14 光のお父さん』

2017年4月から、連続ドラマ『ファイナルファンタジーFF14 光のお父さん』が、
深夜放送スタートした。主演の千葉雄大さん演じる稲葉光生と、仕事一筋だった
父親がゲームを通じて、距離を縮めていく姿を描いたドラマ。
馬場ふみかさんは光生と同じ会社で働くヒロイン・正田陽子を演じる。

先日グラビアにて、初めてのハワイで『神の造形』とも
評される完璧なボディを惜しげもなく披露した。

マウイオーシャンフロントマラソンにも参加した際、
母親も応援に来てくれてが、本人は恥ずかしかったそうだ。

今後もご活躍に期待したいですね!

最後まで、閲覧ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です